セフレとして付き合う基準は女の子によって違う

セフレとして付き合い始める理由は人さまざまですが、独特の感性を持っていて自立している女性は、ただ単にさびしいからとか欲求不満だからといった理由では簡単には身体を許しませんが、ある理由によっては以外にもあっさりとセフレとしての関係を築ける場合もあります。

セックスを通じて新しい世界を知ろうとしている女性たちは特に、クリエイティブな仕事をしていたりフットワークの軽い人に多い傾向がありますね。

私の知り合いるのあるイラストレーターの女性は、自分のクリエイターとしての経験や感性を磨くために、セフレとしての関係を有効に活用していました。 彼女たちに移っている男性の魅力っていうのは確かに一風変わっていますね。 基本的には優しさとか包容力がある男性だったり、お金や権力を持っているかあるいは容姿が優れている男性などがパートナーとして好まれやすいのですが、クリエイターとしての女性たりにとって一番大事なのは、いかにして自分の感性に刺激を与えてくれるかどうかなのです。

その他の麺では数多の男性には勝てなくても、彼女たちの感性など内面に触れるものがあれば、セフレとして受け入れてもらえる可能性はあります。 先ほど述べたあるイラストレーターの女の子も、セフレを作ったり男と遊ぶといった風な性格ではなかったので、私と関係を持つようになったというのはにわかには信じがたくなかなか実感できませんでした。

小柄でおとなしそうな印象の女の子でしたが仕事のためなのか、クリエイターとしてのプロ意識があるのか、セックスが始まってからは普段とは考えられないくらいのイメージで意欲的な姿勢を見せてくれました。 詳しく話を聞いてみるとやっぱりエロ方面の仕事を任せられたのがきっかけらしく、私もせっかくだからと色々と協力してあげて、連日色々な体位を試してみたりもしましたし、自分にもいい体験になりました。

出会い系サイトでセフレに巡り会った話

セフレという言葉はテレビドラマでも出てきたりします。 最近では中井貴一・小泉今日子が出演していたドラマです。 長谷川京子が中井貴一にセフレになって欲しいと頼むシーンが放送されたりしています。

もはやNGワードではなくて、一般的に市民権を得ている言葉です。 セフレができたら、好きな時にお互いの都合がつけばセックスできます。 性欲の解消手段としてはベストです。

ここでは、私が出会い系サイトでセフレに巡り会った話をしたいと思います。 「セフレは都市伝説」という人もいますが、その魅力的な言葉の響きについつい気持ちが傾きます。 出会い系サイトに嵌まってしまってサクラに騙され大金をなくす人は後を絶ちませんが、私は運良くセフレと知り合えました。

専門のセフレ募集サイトというスタイルの出会い系サイトもあります。 そういったところは目的が完全一致しているのでセフレマッチング率も高いと言われてます。 クチコミ情報サイトや比較サイトでの情報を基に優良なセフレ募集サイトを探して出会えたならばトラブルにも遭遇しないでしょう。

私の場合はセフレ募集系ではなくて、初めから「セフレ関係」を意識していたわけではなかったです。 「まずはメル友を探そう!」――そういったスタンスで出会い系サイトに登録しました。 そしてひとりの女性と知り合い、毎日のようにメールで話をして仲良くなってきました。 充分にお互いが信頼関係ができたと感触が持てたので、思い切って彼女をデートに誘いました。

実際に対面してみると、相互のいろいろな面が見えてきます。 私たちはかなりつっこんだメールの会話をしていたので充分にうち解けていました。 ですから、それほど緊張感もなくリラックスしてトークも弾みました。 あらかじめ写メを交換していたので顔もスタイルも知っていたこともあるかもしれません。 初めてセックスした夜も自然ななりゆきでお互いを求めていたのです。 身体を許しあったのでますます関係は深くなり、今はセフレとしてお互いに不可欠な存在になっています。 彼女の笑顔は素敵で辛い毎日も<なんとか明日から頑張ろう!>という気持ちになります。

性的な面からもそれ以外の心の面でも毎日が充実していれば幸せを感じます。 「素敵なセフレに出会えるかもしれない……」――出会い系サイトはとても可能性を秘めていると思います。

フリーターの僕にセフレができたきっかけ

フリーターの僕は、趣味といえばオンラインゲームという根暗な性格で、貌も不細工な方だったので彼女やセフレがまさか自分にできるとは夢にも思っていませんでした。 将来もあまり期待されていないし、このままでは結婚も難しいのではないかと正直諦めていましたが、せめて男性として生まれた楽しみは享受したいと思って、ときどき風俗店に出かけてみることはありました。

しかし、それではフリーターの自分では経済的に負担面が大きいし思う存分楽しめたかったので、ただで関係を持てるセフレが要ればいいのにと考えることもよくありましたね。 ですが、風俗店ならともかく好き好んでセフレ関係になってくれる女性なんているのだろうかと思いました、それに自分が不細工であるのはよく自覚していたので、ダメもとでセフレ募集をしてみましたが、驚くべきことになんと自分好みの女性から返信がもらえました。 幸いにして、オンラインゲームを趣味として続けてきた経験からネットで人を楽しませることにかけては自信がありましたから、その女性もそんなところが気になったのだと思います。

相手が女性だとやっぱり緊張感があっていつもよりは多少ぎこちなくなりましたが、それでもできるだけいつも通りに親しみやすいやり取りを心がけているとすぐに打ち解けられました。 ネットで仲良くなれたところまでは良いのですが本番は実際に対面してからで、せっかくのチャンスも自分のルックスでふいにしてしまうのではとおそればかりが募りましたが、やってみなければわからないとできるだけお洒落もして勇気を出して出かけていきました。

彼女と顔を合わせてみると、にこやかに接してくれていい人そうで、断られる気配もなかったので安心しました。それから彼女とのセフレとしての関係が始まり、こんな自分でも付き合い続けてくれる女性がいるという事実だけでもありがたく感じています。

女性が求めているエロさについて

女性たちが求めているエロさとは、男性が求めているものとはどうも違っているように思われます。 女性の間でも結構エロいものに興味関心を持っている人々は多く、最近ではまだ10代の女の子でもアダルト系のマンガや小説をたしなんでいる子たちもいるくらいですしそれが浸透しつつあります。 それらのメディアや作品を見ていますと、男性に向けて発信されている者とは大きく違っていることがよく実感できるでしょう。

女性に向けたエロの作品っていうのは、基本的にエロだけではなく美も追及されていて趣があります。 性的な興奮を煽るだけではなく、その場の心理や状況の描写も丁寧で、感性を大いに刺激される作品となっていますし、普通の小説や漫画としてもなかなか読めるクオリティだったりします。 女性もそういった媒体から色々とアダルトな知識を仕入れているので、実際にセフレを作ることにも興味を少なからず持っている女の子も多いでしょう。 男性向けのアダルト雑誌とはまた違っていますから両者の求めているエロには大きな食い違いがあって、同じ性的なことに関心が強いとは言ってもその価値観の違いがよく理解できていなければいきなり仲良くなるのは難しいでしょう。

男性は性欲を満たすだけでも十分なのに比べると、女性はロマンチックな雰囲気やムードを求めますので、そこで大きなずれが発生するのです。具体的に女性が性的なことに求めている美意識は、ビジュアル面とか心理的、感情の微妙な表現などあらゆる面で細部にわたっている繊細なものです。 女性はマンガや小説に出てくる男女両方ともにある程度の美しさを求めているのです。 女性も男性と同じくらいにエロさには興味は持っているのですが、表面上は大きく違って見えるでしょう。女性独特の美意識を理解できれば、男性も女性目線で喜ばれる性体験を提供できるのではないでしょうか。

浮気をしたいからセフレを求める心理

男性はセックスに対して強い興味は持っているけれども、恋愛の段階においては面倒さや煩わしさを感じてしまうのが本音ではないでしょうか。 男性の脳と女性の脳とでは考え方や感じ方も大きく異なっているでしょうから、同じ恋愛でも価値観や大事にしたいことが食い違って、ストレスを感じてしまっても仕方がありません。

しかし、時には女性も体だけの関係を無償に求めたくなるタイミングもやってくるでしょう。そんな時に出会い系サイトを使ってセフレを募集しているので、運が良ければそんな風に暇と欲望を持て余している女性が見つけられる可能性もあります。 ですから、出会い系サイトは気が向いているときだけではなくできれば定期的にチェックをして、チャンスを見逃さないようにしておきたいですね。 男性は女性の外見を見てセフレとして最適かどうかを判断していますが、女性も体だけが目的の場合はある程度ルックスも重視しているでしょう。 女性は写真を掲載している方が男性からの注目を浴びやすいのは言わずもがな胃ですし、それをよく理解しているために早く相手を見つけたい人だったら必ずと言っていいほど自分の写真を掲載しているでしょう。

セフレと言っても初対面の相手と親交を深めるために最初はあくまでもデート的な感じだと思われます。 それでもお互いいくところまでいくのは了承済みなのでその点では余裕を持って過ごせるでしょう。ただしそれも途中で女性の気が変わらないことが前提での話です。そのためにも、ホテルに行くまでにはそれなりに気を配ってデートを成功させたいですね。

セフレを募集するうえで間違っても付き合っていないのは結婚を志望している女性です。誤解の上で付き合っていると決定的なトラブルになる恐れもありますので、最初に念を入れてお互いの目的を確認し、誤解が無いことを証明しておくべきなのです。

最新情報

お探しの記事は見つかりませんでした。

検索キーワードを変更し下記より再検索してください。


サブコンテンツ

このページの先頭へ